浮気をしない夫はいない。

浮気男

結論から話をすると、浮気をしない「夫」というものは、残念ながら白馬に乗った王子様並みに、存在が幻想的です。

うちの夫に限ってそんなことはありえないなんていうのは、まさに夢見る少女の浅はかさに匹敵する愚かしい思い込みです。

スポンサードリンク

本能に勝てる人だけが、浮気をしない。

浮気をする男性の心理は、非常に単純です。表面的には取り繕っていても、結局のところは肉体関係を求めているわけですから、いわば本能で浮気をします。

人間の三大欲求として、食事と睡眠に並び立つ性欲を抑えるというのは、少々、酷な話です。もちろん、浮気を肯定するわけじゃありません。しかし、男性とは元来そうゆうものです。

より多くの子孫を残し、脈々と受け継がれた遺伝子を後世につなげようと本能が理性を吹っ飛ばしてしまうこともあります。決して悪気があるわけでもないし、夫婦生活に嫌気がさしているというわけでもないはずです。

もし、あなたがどうしても浮気は許せないというのであれば、はけ口を用意してあげてください。性行為は、普段のストレスを発散するような一面もありますから、多少のことで怒ったりせずに、帰宅した夫を労ってあげたり、普段はしないようなスキンシップを意識してください。

先に述べたように、男性は単純な生き物なので、妻から優しい言葉をかけてもらったり、感謝してもらったりすると、それだけで「なんていい妻なんだ。妻を裏切るような真似はできない」だなんて考えて、自制するようになります。

それでも「夫」は、数多くの浮気チャンスを逃したくない。

結婚というのは、ひとつのゴールです。ゴールしたなら、次のスタートに備えるのは至極当然の事ではあります。それが、夫婦生活のスタートに備えたり、子供ができる事で子供の教育を新たな目的としてスタートしてくれればよいのですが、残念ながら、そちらのスタートラインはちょっとゴールが遠いのです。

何十年とかかることを、コツコツと積み上げていくのは至難の業です。比較的、肉体関係というゴールが近いスタートラインに立っても、不思議じゃありません。ましてや、現代は女性の社会進出が本格化し、職場には常に女性がいる場合がほとんどです。

職場の若い女性社員と仕事をしたり、飲みに行ったりして親睦を深める機会は、増え続けていますので、かわいい子といい感じになって、つい粗相をしてしまうという男性も少なくありません。

そんな事態をどうしても許せない、浮気は絶対にダメだという方は、探偵に調査を依頼する前に、少し夫の様子を観察してください。観察して見えてくるものが、探偵にとって大切な情報となるのです。

「浮気をしているかも」というだけでは調査を始めるのは大変です。

夫の行動が怪しい。最近、なにやら様子がおかしい。普段から寝食を共にするパートナーの事ですから、何気ない違和感は身近に感じる事でしょう。しかし、探偵にはその違和感はわかりません。その違和感を第三者へわかりやすく伝える準備をしましょう。

もちろん、依頼主の秘密は厳守されますので、恥ずかしいから話したくないというのは極力控えてください。そのうえで、妻という立場でこれ以上の調査は難しい、決定的な証拠をつかめないというときに探偵に相談してみましょう。

依頼内容が具体的であればあるほど、探偵は動きやすいし、情報が多いほど、調査にかかる費用も見積もりやすくなります。そして、何をもって調査完了かをご自身で決めましょう。

探偵は調査内容を報告することが業務となりますので、夫や浮気相手に対して、謝罪や、反省を求めるのは、あくまでも依頼主のご判断によるものです。ただし、気を付けてほしいのは、探偵が調べ報告した内容は、人のプライベートに踏み込んだものです。一度冷静になり、どう解決することが望ましいのか考えてみてください。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。