「浮気調査」トピックスあれこれ

女性

「浮気調査」からはちょっと道をそれますが、インターネットから「浮気」に関する情報で、役に立ちそう、面白そうなものを集めてみました。

不安や苦しみにはちょっと休憩してもらって、気楽に読んで下さいね。

スポンサードリンク

その会社で大丈夫?依頼する前にチェックしよう

浮気調査を行ってくれる探偵社や調査会社は、今や山のように存在します。しかし探偵社に浮気調査を依頼する際は、十分注意して選ぶ必要があります。

2014年に国民生活センターに寄せられた探偵社・調査会社に関するトラブルの件数は、1554件もありました。

その中で一番多かったのが、「料金に関するトラブル」です。トラブルの内容は以下のようなものです。

  • 高額な追加料金
  • キャンセル料の請求
  • 証拠内容が不十分(なのに料金を取られる)

悪質な会社に関しては、探偵業法違反ということで、公安が営業停止・廃止命令を下し、対象業者の名前を公表しています。

自分が選ぼうとしている探偵社が大丈夫かどうか、知りたい方はぜひ警視庁のサイトを参照下さい。

浮気問題の三大文句

世の中の浮気・不倫に関するドラマや本の人気ぶりを見てもわかるように、今や浮気・不倫は世間的にも「ありがちなこと」と認知されつつあるような気がします。

浮気・不倫する側は楽しくて仕方なくても、される方はたまったものではありません。そして性善説を信じるなら、人間そんなにうまく嘘をつき続けることなんてできません。

まして一緒に暮らしていれば、注意はしていてもつい尻尾を出してしまうもの。

そんな時、浮気を疑う妻や夫に対して、浮気している方が必ず発する三大文句というのがあるそうです。それがこれ。

  • 「夫婦なのに、信じられないのか!」
  • 「嘘だと思うなら調べて見ろ」
  • 「どこに証拠があるんだ」

このセリフを言われたら、疑惑を確信に変えてもよさそうです。事前に「浮気調査」をしておき、おバカなパートナーがこのセリフを口にするのを聞いて、裏でほくそ笑む、という手もありますが…。

浮気が発生する時期

人生において、3月は卒業、4月は入学という風に、節目節目にはイベントがあり、私達はそれに合わせて、涙したり、喜んだりと気持ちも変化します。

浮気や不倫にも、その時期特有の動きがあり、探偵社への相談件数も季節により増減するようです。

例えば浮気・不倫は12月のクリスマス、2月のバレンタインデー前後に発生することが多いとか。

また、お正月やゴールデンウィーク、お盆休みなど、実家に帰省し家族と過ごす長期連休には浮気がしにくいため、その休み明けに一気に増えるとか。

月別に見ていくと、1月は正月明け、2月はバレンタインデー前後、3月はホワイトデー前後、4月は歓迎会などがきっかけで、5月はGW明け、7月は夏祭り、花火などの解放的なイベントで、8月はお盆明け、9月は子ども達の夏休み明け、11月はクリスマスに向けて、12月はクリスマスをピークに浮気が増えるそうです。

6月、10月しか安心できる月がないなんて、なんだか悲しいですね。

参考
 浮気旦那の泣きどころ
 浮気調査 探偵の選び方

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。