浮気相手から慰謝料を!

計算

パートナーに浮気され、傷ついた心はお金では癒せないけれど、パートナーだけでなく、浮気相手に少しでも苦しんで欲しい、反省して欲しい。

浮気相手へ慰謝料を請求する4つの方法。あなたはどれを選びますか?

スポンサードリンク

浮気相手に慰謝料を請求する?

「浮気調査」を依頼した結果、パートナーの浮気が発覚し、浮気相手の住所や名前、職業なども知ることができたとします。

もしパートナーが既婚者であることを知りながら、浮気相手が不貞関係を持ったとしたら、あなたは浮気相手に慰謝料を請求することができます。

ただし、離婚するのか、関係を修復するのかで、慰謝料の額には差があります。

離婚の場合、離婚の原因が不貞行為だと証明されれば、平均で200~300万円の慰謝料を取ることができますが、離婚しない場合は50万程度が平均のようです。

注意したいのは、慰謝料を相手に請求することにより、パートナーが浮気相手に同情し、夫婦関係の修復が難しくなる場合があるということです。

また浮気相手からの反撃も覚悟しなければなりません。慰謝料を取るかどうかは、離婚するかどうかを決めてから考えた方が得策です。

慰謝料請求の方法

浮気相手に慰謝料を請求する具体的な方法についてですが、以下のようなものがあります。

  1. 浮気相手との直接の話し合いで請求する。
  2. 内容証明郵便で請求する。
  3. 調停で請求する。
  4. 裁判で請求する。

1.は浮気相手と直接話し合うことができるなら、その話し合いの場で請求するという方法です。

その際は必ず「合意書」「誓約書」など、慰謝料の支払い方法や金額について記した書面を作成し、その場で署名捺印するなどして、証拠として保管するようにして下さい(ただし法的な拘束力はありません)。

2.の内容証明郵便とは、郵便局がその内容や相手に送った事実などを証明してくれる郵便です。

送ったという事実、相手が受け取ったという事実が証拠となるので、相手にプレッシャーを与えることができます(ただしこれにも法的な拘束力はありません)。

慰謝料請求の方法 続き

3.は内容証明郵便を送っても、相手から反応がない場合や、慰謝料の額などで折り合いがつかなかった場合などに、家庭裁判所に調停を申し立て、慰謝料を請求するという方法です。

離婚調停と同様に、調停員を間に挟んで慰謝料額や支払方法について話し合います。

調書に書かれたものは法的拘束力を持つので、例えば支払が滞った場合、強制的に差し押さえなどが可能です。また申し立ては比較的簡単なので、弁護士に依頼しなくても対応できます。

4.は慰謝料を求める裁判を起こして請求する方法です。ここまでくると、もう素人では対応できないので、弁護士などを代理人として立て、相手と争うことになります。

もちろんここで出た判決にも法的拘束力があるので、強制執行が可能です。

気持ちはお金で買うことはできませんが、慰謝料を貰うことで、浮気をされた夫(妻)の心が少しでも癒えるなら、胸を張って請求しましょう。

参考
 はじめての浮気相談・浮気調査 浮気調査専門探偵社フォーチュン広島

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。