探偵開業マニュアル

講座5:探偵活動に必要なものと選び方のポイントは?

講座4では探偵事務所(内での業務)に必要なものについて説明してきました。

今回は、探偵活動(外での業務)を行うにあたり必要なものと選び方のポイントについて説明しましょう。

探偵活動を行う場合、必要となるものは探偵の業務内容により異なりますが、ここでは基本的なものについて説明します。

探偵活動に必要なものと選び方のポイントを把握しておけば、探偵業の開業準備もスムーズに進みますね。

(1)カメラ類(デジタルカメラ、ビデオカメラ)

探偵の代表的な業務に、尾行や張り込みがあります。

近年増加している浮気調査などを依頼された場合は、対象人物に対して尾行、張り込みを行い、浮気の証拠を集めなくてはなりません。

依頼人へ調査報告書を作成することも、探偵業法で定められています。

カメラで撮影した証拠となる写真や動画は、調査報告書などに添える「成果品」として非常に重要なものになります。

それだけに、探偵活動で使用するカメラ選びはとても大切です。

カメラといっても、様々なカメラがありますが、現在はデジタルカメラとビデオカメラが主流になっています。

探偵業開業前に、デジタルカメラとビデオカメラは最低限準備しておきたいものです。

探偵活動で使用するカメラ類の選び方のポイントは、以下のようになります。

①コンパクトかつ軽量
②操作が簡単
③望遠機能
④高感度性能
⑤暗いところでの撮影が可能
⑥防水機能

デジタルカメラやビデオカメラを用意する際には、参考にしてみて下さい。

(2)録音機

探偵活動において録音機を使用するケースも多いので、録音機も用意しておきましょう。

録音機は探偵活動の際、調査対象の会話内容を録音したり、自分の声をメモ代わりに録音したりして使いますが、よく使われているのはICレコーダーです。

ICレコーダーにも様々なタイプがありますが、

①コンパクトで目立たない
②録音時間が長い
③音質がよい
④操作が簡単

と、いったことがICレコーダーを選ぶ際のポイントになります。

(3)車両(車、バイク)

探偵活動における尾行は、都会なら徒歩による場合が多いものですが、調査対象人物が車などを使って移動する際は、こちらも車などの車両を使うことになります。

探偵活動を行う上で、車、バイクが必要になります。

可能であれば、車とバイクも用意すべきでしょう。

例えば、都市部や繁華街において車両を尾行する場合、渋滞や駐車場などの交通事情が探偵活動の妨げになります。こんなときは、機動力に優れたバイクが有利です。

逆に、交通量が少ない地方の田舎などではバイクより、車を使う場合が多くなります。

車とバイクは、

①一般的によく乗られているタイプのもの
②大き過ぎず小回りが利くもの
③白やグレーなど目立たないボディカラーのもの
④新車よりは中古車

といったことをポイントに、選ぶとよいでしょう。

-探偵開業マニュアル

© 2020 浮気調査で解決できる夫婦問題-頼りになる探偵とは? Powered by AFFINGER5