岐阜県の女性悩み相談窓口一覧

岐阜県弁護士会

〒500-8811 
住所:岐阜市端詰町22
電話:058-265-0020
FAX:058-265-4100
URL:http://www.gifuben.org/

女性相談センター

〒500-8385
住所:岐阜市下奈良2-2-1 岐阜県福祉農業会館 健康福祉部女性相談センター
電話:058–274–7377(相談電話)
URL:http://www.pref.gifu.lg.jp/

岐阜家庭裁判所

〒500-8710
住所:岐阜市美江寺町2-4-1
電話:058-262-5346
URL:http://www.courts.go.jp/gifu/

岐阜県警察

〒500-8384
岐阜県岐阜市薮田南2丁目1-1

電話:058-271-2424

URL:http://www.pref.gifu.lg.jp/police/

その他の相談所

相談事例

自分も被害者だから分かること…息子はいじめを受けている?

37歳の主婦、Aさんは息子のBさんのことで悩んでいました。

Aさんは大学を卒業し、就職してから一年後に結婚しました。

両親は何度も「本当にいいのか?」と希望の就職先に入れたAさんに訊ねてきましたが、上司や同僚との人間関係がうまくいっていなかったAさんは、4歳年上のCさんのプロポーズを機に、仕事を辞める決心をしました。

両親には言えませんでしたが、職場でいじめに遭っていたAさんにとって、やりたかった仕事をつらい環境でやるよりも、多少希望と違っても、好きな人と新たな環境に移ることの方が魅力的だったのです。

Cさんはシステムエンジニアで、結婚してからも常に忙しく、週末以外は毎日終電で帰ってくるような日々でしたが、穏やかな気質のCさんはできるだけAさんとの時間を取るために努力をしている様子がAさんにはよく分かっていたので、文句は言わずに週末を楽しんでいました。

結婚して数年が経った頃、長男のBさんが生まれました。待望の孫にAさんの両親もCさんの両親も喜び、ファイミリー向けマンションの新居に移り住んでから、Aさんは順風満帆な人生になってきた、と感じていました。

しかし、Bさんが中学生に上がると、その幸せな生活に陰りが見え始めたのです。
父親であるCさんに似て、穏やかな性格のBさんが私立の中学に入学して、数か月が経とうとした頃、Aさんは息子が随分ふさぎ込んでいるように思えました。

入学当初は、小学校の元同級生たちと週末は遊びに行ったりしていたのに、最近はそれもなくなり、学校の無い日はずっと部屋にこもるようになってしまったのです。

休み明けには必ず寝坊し、学校に行きたくないようなそぶりを見せたので、「もしかして、いじめを受けているのでは?」と思ったAさんは学校の担任教師に電話をし、学校での息子の様子を聞きましたが「B君はとても穏やかな子で、自ら率先して賑やかな輪には入りませんが、皆と上手くやっています」と返されてしまいました。

Bさんに直接訪ねるべきか、Aさんは悩みましたが、自分が社会人になってから職場でいじめを受けたことを両親に話したくなかったことを思い出し、Cさんとよく相談してから、息子が家の外で環境に置かれているのか調べてもらうために、プロに依頼することを決めました。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。