岩手県の女性悩み相談窓口一覧

■岩手弁護士会

〒020-0022
住所:盛岡市大通一丁目2番1号 岩手県産業会館本館(サンビル)2階
電話:019-651-5095(代表)
URL:http://www.iwateba.jp/consult

■岩手県福祉総合相談センター(女性相談課)

〒020-0015
住所:盛岡市本町通三丁目19番1号
電話:019-629-9600(代表)
URL:http://www5.pref.iwate.jp/~hp0359/kikitai/detail_2.html

■盛岡家庭裁判所

〒020-0023
住所:岩手県盛岡市内丸9−1
電話:019-622-3165
URL:http://www.courts.go.jp/morioka/

岩手県警察

〒020-8540
岩手県盛岡市内丸8番10号

電話:019-653-0110(代表)

URL:http://www.pref.iwate.jp/~hp0802/

その他の相談所

相談事例

友達夫婦の間に差した影

40歳のAさんは、結婚10年目の夫のBさんに対し、落ち着かないものを感じていました。

二人は学生時代に出会い20年来の付き合いです。社会人になってから同棲を始め、30歳になるのを機に、けじめとして結婚しました。

結婚する際、Aさんは正直に「子供は欲しくない、それが嫌なら別れて」と伝えましたが、Bさんは「俺も別にいらないよ」と言い、結婚してからもお互いに今まで通り働き、週末にはたまに一緒に出掛ける、いわゆる「友達夫婦」といった関係でした。

最初にAさんが違和感を覚えたのは些細なことでした。

週末に、学生時代からの友人たちと車で遠出しに行ったAさん。しかし、着いた先で悪天候に見舞われ、泣く泣く来た道を引き返し、予定よりもだいぶ早く帰宅しました。

「友達とゴルフに行ってくる」と言って出かけて行ったBさんはまだ戻っておらず、Aさんは「もう帰ってきちゃった」とBさんに連絡しようかと思いましたが、ゴルフを楽しんでいる最中に水を差したら悪いと考え、連絡はせず、そのままリビングのソファでごろごろしているうちに眠ってしまいました。

玄関の鍵が開く音で目が覚めたAさん、Bさんが帰ってきたと思い、体を起こして、「おかえり」と声を掛けると、Bさんが不自然なくらいに驚きました。「もう、帰ってたのか」と落ち着かなげに言うBさんは、「汗かいたから」とそのままいそいそとバスルームへ行ってしまいました。

夫の様子に違和感を覚えたAさんは、Bさんがお風呂に入っているのを確認してから、洗濯機に無造作に放り込まれた服を取り出してみました。ゴルフをしてきた、というのに、ポロシャツもズボンも汗でしっとりしていることもなく、汗の匂いもあまりしませんでした。

嫌な感じがしたAさんは夫の行動をその後、細かに観察していましたが、不安は募る一方…そして、ついに、プロの目に頼ることを決め、夫の浮気調査を依頼したのです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。