鹿児島県の女性悩み相談窓口一覧

鹿児島県弁護士会

〒892-0815 
住所:鹿児島市易居町2-3
電話:099-226-3765
FAX:099-223-7315
URL:http://www.kben.jp/

女性相談センター

〒892-0838
住所:鹿児島市新屋敷町16番21号
電話:099-222-1467
URL:https://www.pref.kagoshima.jp/index.html

鹿児島家庭裁判所

〒892-8501
住所:鹿児島県鹿児島市山下町13-47
電話:099-222-7121
URL:http://www.courts.go.jp/kagoshima/

鹿児島県警察

〒890-8566
鹿児島県鹿児島市鴨池新町10番1号

電話:099-206-0110

URL:http://www.pref.kagoshima.jp/police/

その他の相談所

相談事例

可愛い年下の妻には男の影?

会社員のAさんは、年下の妻が「出かけてくる」と言うたびに、キリキリと胃が締め付けられる思いをしています。Aさんは30歳で、小さな会社の事務職に就いており、妻のBさんはまだ21歳。短大を卒業したばかりです。

二人は、Bさんがアルバイトをしていた居酒屋で出会い、普段は引っ込み思案でもの静かなタイプのAさんが酔っ払った勢いで渡した連絡先を切っ掛けに、仲良くなりました。

Bさんはいわゆる「天然」と呼ばれるようなふわふわとしたタイプの女性で、Aさんはそんな彼女の雰囲気に惹かれたそうです。短大卒業が迫った冬に、Aさんは「私、早くお嫁さんになりたい」と言ったBさんの願いを叶え、卒業後すぐに結婚しました。

Bさんの両親は反対するかと思いきや、そうでもなく「苦労するかもしれませんが…」と逆にAさんを気遣って見せるほどでした。周囲から「若い嫁さんをもらって良かったな」の冷やかされながら、小さな結婚式を挙げ、二人の結婚生活はスタートしましたが、Aさんには少し、引っ掛かることがありました。

Bさんが呼んだ式の参列者、友人席の面々が殆どBさんと同世代の男性だったのです。それまで、Bさんの交友関係にあまり立ち入って聞くことのなかったAさんはその男友達の多さに少々面を食らい、そして不安になりました。

Bさんはよく、「友達と出かけて来るね」と言ってどこかへ行くことが多かったからです。一緒に住むようになっても、それは変わりませんでした。そして、帰りが0時近くなることもしばしば…。「こんな時間まで誰と遊んでたの?」怒っているようには聞こえないように、やんわりとAさんは訊ねましたが、Bさんはイラっとした様子を見せて、「ともだちって言ったじゃん」と言うだけ。

結婚生活が半年経った頃、Aさんは胃に潰瘍が見つかり、内視鏡手術をしました。医師に「ストレス溜まってるんじゃないの?胃が荒れてるよ」と指摘され、Aさんはようやく重い腰を上げることにしました。「妻が浮気をしていない、という証拠があれば、こんな毎回胃がキリキリと痛むような思いはしなくて済む」そう考えたAさんは、妻の素行調査を依頼することにしました。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。