神奈川県の女性悩み相談窓口一覧

■横浜弁護士会

〒231-0021
住所:神奈川県横浜市中区日本大通9番地
電話:045-211-7707(代表)
URL:http://www.yokoben.or.jp/

■女性相談所

〒231-8588
住所:神奈川県横浜市中区日本大通1 神奈川県庁内
電話:045-313-2800(女性電話相談室)
URL:「神奈川県庁」よりhttp://www.pref.kanagawa.jp/

■横浜家庭裁判所

〒231-8585
住所:神奈川県横浜市中区寿町1丁目2番地
電話:045-345-3463
URL:http://www.courts.go.jp/yokohama/

神奈川県警察

〒231-0002
神奈川県横浜市中区海岸通2-4

電話:045-211-1212

URL:http://www.police.pref.kanagawa.jp/

その他の相談所

相談事例

部下がストーカー?真実をはっきりさせるために

40歳で管理職のAさんは、部下のことで悩んでいました。
20代の頃に結婚し、子供がないまま30代で離婚したAさんは、早くに両親を亡くし、今は郊外の分譲マンションに一人で住んでいます。

就職の際に、今住んでいる場所に引っ越してきたので、こちらにはあまり友人はいません。
職場の同期たちはほぼ男性で、離婚したのにも関わらず、同期で一番の出世頭のAさんに嫉妬している人間も珍しくありませんでした。

同期には恵まれていませんでしたが、離婚しても「まあ、そういうこともあるよ」と言ってくれた上司からの信頼は厚く、部下からも慕われており、「悪い職場ではない」と感じていました。ヘッドハンティングの話も何度かありましたが、その度に、「お話はありがたいのですが、私は定年まで今の会社のお世話になるつもりです」と断っていました。

そんな上司を部下の人間たちは、煙たく思うことなく、Aさんのやり方を見習いたい、と熱心な仕事ぶりを見せていました。

そんな中に若干1名、異質な人間がいました。
入社8年目で、同期の中では一番早く昇進しているBさんは、数いる部下の中で最も熱心に仕事に取組み、Aさんのやり方を踏襲しつつ、さらに効率の良い作業を考えることができる有望株です。

しかし、彼には一点だけ問題がありました。上司であるAさんと、たびたびプライベートでの距離も縮めたがってくることです。
セクハラと騒ぎ立てするのもためらう程度のことで、有望株の部下の将来を潰すわけにはいくまいと思い、AさんはBさんのアプローチをそれとなく何度も断っていました。

しかし、最近気になることがありました。会社のデスクの中や、ロッカーの中を誰かが漁った形跡があるのです。気持ち悪く思ったAさんは会社の警備に言って、鍵を取り換えて貰いましたが、「もしかして」という疑いが、胸に居ついてしまいました。夜道を一人歩いていても、誰かにつけられているような気がする日も、そのあたりから増えてきました。

心当たりがあるのは部下のBさんですが、確証はありません。
そこで、Aさんは自身にストーカーがついていないか、調査を依頼することにしました。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。