長崎県の女性悩み相談窓口一覧

長崎県弁護士会

〒850-0875 
住所:長崎市栄町1-25 長崎MSビル4階
電話:095-824-3903
FAX:095-824-3967
URL:http://www.nben.or.jp/

長崎こども・女性・障害者支援センター

〒852-8114
住所:長崎県長崎市橋口町10-22
電話:095-846-0560/095-846-0565
URL:http://www.pref.nagasaki.jp/

長崎家庭裁判所

〒850-0033
住所:長崎市万才町6-25
電話:095-822-6151
URL:http://www.courts.go.jp/nagasaki/

長崎市女性センター アマランス

TEL 095-826-4417 (相談)
休日は月曜日と祝日の翌日、 HP有り

長崎県警察

〒850-8548
長崎市万才町4-8

電話:095-820-0110

URL:http://www.police.pref.nagasaki.jp/

その他の相談所

相談事例

収入格差夫婦…美人妻のプライベートは?

システムエンジニアのAさんは、外資系保険会社に勤める妻・Bさんのことで悩んでいました。

とあるベンチャー企業のSEとして働いているAさんは29歳。「ワーキングプア」という言葉がありますが、まさにそれで、残業を含めた就業時間に対し、同世代の会社勤めの人よりも、だいぶ低いと感じる給料で雇われていました。不満はありましたが、大学で親しくしていた先輩の起こした会社だったので、辞めるに辞められず、ずるずると仕事をしています。

そんなAさんですが、二年前に5歳年上のBさんと友人主催の合コンで出会い、結婚しました。Bさんは5歳年上とは思えない若々しく、性格の明るい美人で、一目で彼女を好きになってしまったAさんが猛烈にアプローチした結果、交際することになりました。

交際が始まり半年もしないうちに「共働きでいいから、結婚しよう」とBさんの方から提案しました。「十分な稼ぎのない自分に結婚なんて無理だ」と思っていたAさんにとってこれはとても嬉しい申し出でした。

すぐに二人は結婚し、新生活が始まりましたが、自分より収入のいいBさんに対し、Aさんは常に引け目を感じていました。週末もくたくたになって眠っているAさんとは逆に、Bさんは精力的に出かけて夫婦が共に過ごす時間はあまりありませんでした。

そんな生活が二年続いた頃、AさんはBさんが浮気をしているのかも、と思うようになりました。明るい性格で、共に過ごす時間がどんなに短くても、ニコニコとしていたBさんがあまり笑わなくなり、誰かとこそこそ嬉しそうにメールで連絡を取り合っているような姿を、Aさんはたびたび家の中で見かけるようになったのです。「もし、妻から離婚したい、と言われた場合、自分は慰謝料を支払わなければならないのだろうか?」

そう考えたAさんは自らの預金残高を思い浮かべ、蒼褪めました。とても支払えるわけがありません。「もし、妻が浮気をしているのなら、証拠を掴んで、いつ『離婚したい』と言われても証拠を突き付けられる準備をしよう」結婚生活に精神的な疲労感を覚えていたAさんはそう考え、浮気調査のプロに依頼することにしました。

コメントは受け付けていません。