奈良県の女性悩み相談窓口一覧

奈良弁護士会

〒630-8237 
住所:奈良市中筋町22番地の1
電話:0742-22-2035
FAX:0742-23-8319
URL:http://www.naben.or.jp/

奈良県女性センター

〒630-8216
住所:奈良市東向南町6
電話:0742-22-1240(電話相談)
URL:http://www.pref.nara.jp/dd.aspx?menuid=1

奈良家庭裁判所

〒630-8213
住所:奈良県奈良市登大路町35
電話:0742-26-1271
URL:http://www.courts.go.jp/nara/

奈良県警察

〒630-8578
奈良県奈良市登大路町80番地

電話:0742-23-0110

URL:http://www.police.pref.nara.jp/

その他の相談所

相談事例

幸せな引退生活も束の間、娘と孫を不幸にしたくない父の願い

会社員を引退し、趣味に勤しむ毎日を送っていたAさんには、最近、その趣味に没頭できず、気もそぞろになってしまう悩み事がありました。

全国規模の物流会社の管理職を定年退職して一年ほど経ったAさんは、趣味のテニス、園芸、書道に没頭する日々を送っていました。妻のBさんは図書館で司書のアルバイトをしており、夫婦それぞれ、好きなように時間をすごしていました。

一年ほど前から、Aさんの経営している自宅から徒歩数分のアパートに娘のCさん家族も越してきて、可愛い孫と頻繁に会うことができるようになったAさん。Cさんも自分と夫・Dさんの仕事が忙しいときは、子供たちを実家に預けることができて、喜んでいました。

孫を溺愛するAさんを見て、Bさんはやや呆れた様子でしたが、娘夫婦が忙しくしているのを知っていたため、何も言わずに二人で孫の面倒を見ていました。

そんなある日のことです。

Aさんが珍しく、大学のOB会の帰りに夜の繁華街を歩いていたら、大通りの向こうに、娘婿のDさんの姿が見えました。
Dさんはもの静かで、何かとお祭り騒ぎが好きなAさんからすると「ちょっと暗いな」という印象の男性でしたが、遠目からでも、その表情が明るいことにAさんは気付いたのです。
「もしかして、また孫を預けて、娘と外食でもしたのかな?」とさらにAさんが目を凝らすと、Dさんの隣には、Cさんではない女性がおり、尚且つ、Dさんと腕を組んでいました。

衝撃を覚えたAさんはショックが抜けきらないまま自宅へと帰り、「どうしたの?」と心配するBさんに生返事をして、自室にこもりました。「もしかして、自分は娘婿の浮気現場を見てしまったのではないか?」幸せそうな娘と孫のことを思うと、Aさんはこのことを誰にも言えません。

その晩、Aさんは中々眠れずに朝を迎え、悩みに悩んだ結果、「まず、本当に浮気をしているのか確かめよう」と思い立ち、娘婿の浮気調査を依頼することにしました。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。