女性相談所一覧

新潟県の女性悩み相談窓口一覧

■新潟県弁護士会

〒951-8126
住所:新潟市中央区学校町通1番町1番地
電話:025-222-5533
URL:http://www.niigata-bengo.or.jp/

■中央福祉相談センター

〒950-0121
住所:新潟市江南区亀田向陽4丁目2-1
電話:025-382-4152(電話相談)
URL:「新潟県庁」よりhttp://www.pref.niigata.lg.jp/

■新潟家庭裁判所

〒951-8133
住所:新潟県新潟市中央区川岸町1−54−1
電話:025-266-3171
URL:http://www.courts.go.jp/niigata/

新潟県警察

〒950-8553
新潟県新潟市中央区新光町4-1

電話:025-285-0110

URL:http://www.police.pref.niigata.jp/

その他の相談所

相談事例

熟年離婚の危機!新たなコミュニティーで生まれた疑惑

60代の主婦Aさんは、仕事を引退した夫のBさんが浮気をしているんじゃないかと、疑っています。

郊外の一軒家に住むAさんとBさん、二人いる子供は揃って独立し、今は車で一時間ほどのところにそれぞれ家族を持って住んでいます。三人の孫は数か月に一度、両親と共に遊びに来て、嵐のように騒ぎ帰っていく…そんな生活を送っていました。

商社勤めだったBさんの退職金は「どうせ少ないだろう」と見積もっていた額よりも幾分か多く、将来への不安はそこまで強く感じることはありません。
ただ、今まで殆ど家にいなかった夫のBさんが四六時中家でごろごろしているのが、Aさんにとっては不満でした。

主婦仲間、友人たちに相談すると、どの家も同じような悩みがあるようで、あれやこれやと意見を聞いた結果、体を動かすカルチャースクールへ通わせるのはどうだろう、ということになりました。

陶芸や絵画だと家に作品を持ち帰って邪魔になるけれど、スポーツならば、筋力が鍛えられるしいいだろう、ということになり、AさんはBさんが学生時代に嗜んでいたテニスを勧めることにしました。近所のテニスクラブを探し、Bさんにパンフレットを見せると最初はあまり興味を示しませんでしたが、無理矢理起き上がらせて、スポーツショップに連れて行くと、昔を思い出したのか、目が生き生きとしてきて、その場でウェアやラケットなどを買いました。

その後すぐに、Bさんはテニスクラブへ入会し、週に二日、クラブへ行くようになり、「体力づくりだ」と言ってジョギングを始めるようになりました。
思惑以上の結果にAさんが気を良くしていると、ある日、主婦仲間の一人に気になることを言われました。

「先週末、旦那さんと仲良くデートしてたでしょう。お若いわねぇ」
心当たりはまったくありませんでした。その場はどうにか取り繕い、家に帰ってからBさんに「どういうことなの?」と問い詰めると、Bさんは「ただのテニス仲間だよ。一緒にラケットを見に行ったんだ。他の連中も一緒にいたよ」としれっと言いました。しかし、Aさんはその言葉を信用できず、Bさんが出かけるたび、疑心暗鬼に陥るようになりました。

このままでは、自分の精神的によくない、と感じたAさんは自分のへそくりを崩し、夫が本当に浮気をしていないかどうか、調査を依頼することにしました。

-女性相談所一覧

© 2020 浮気調査で解決できる夫婦問題-頼りになる探偵とは? Powered by AFFINGER5