鳥取県の女性悩み相談窓口一覧

鳥取県弁護士会

〒680-0011 
住所:鳥取市東町2-221
電話:0857-22-3912
FAX:0857-22-3920
URL:http://www.toriben.jp/

福祉相談センター

〒680-0901
住所:鳥取県鳥取市江津318-1
電話:0857-27-8630(女性電話相談)
URL:http://www.pref.tottori.lg.jp/

鳥取家庭裁判所

〒680-0011
住所:鳥取県鳥取市東町2-223
電話:0857-22-2171
URL:http://www.courts.go.jp/tottori/

鳥取県警察

〒680-8520
鳥取県鳥取市東町1丁目271番地

電話:0857-23-0110

URL:http://www.pref.tottori.lg.jp/dd.aspx?menuid=1751

その他の相談所

相談事例

運命の人は本当にこの人?借金を頼んできた婚約者

Aさんには結婚しようか悩んでいる男性がいました。

Aさんは28歳の会社員。実家住まいで、電車で30分の距離にある職場でシステムエンジニアとして働いています。Aさんの両親はお互いが25歳のときに結婚し、翌年には一人娘のAさんを授かったため、「お前の年の頃には、もうお父さんをお母さんは…」と口うるさく結婚を勧められるのが常でした。

Aさんにも結婚願望がないわけではありませんでしたが、ピンとくる相手になかなか出会うことができず、この年までずるずるときてしまいました。

しかし、そんなAさんにも、「この人なら」という出会いがあったのです。

相手はベンチャー企業を起こしたばかりのBさん。Aさんが転職を考えたときに、大学時代の友人の紹介で出会ったのが切っ掛けで、二人は交際するようになりました。

転職は上手くいかず、そのまま今の会社に残ることになってしまったAさんですが「婚活は上手くいきそうだし、まあいいか」と楽観的に考えていました。

Bさんとの付き合いが一年になろうかとした頃、AさんはBさんにプロポーズされました。「この人と結婚できたらいいな」と思っていたAさんはそれを受け、婚約しました。

そのプロポーズから二ヶ月後、Bさんが「本当に申し訳ないんだけど」と言って、Aさんに借金を申し出ました。金額はなんと200万。実家住まいで、海外旅行やブランド品集めなどのお金のかかる趣味のないAさんの貯金からは、なんとか出せる金額でしたが、さすがにそれには躊躇いを覚えました。でも、大切な婚約者の願いなので、借用書を書くことを条件に、Aさんは200万円を貸しました。

その後、Bさんから借金の申しではありませんが、Aさんの心の中には、日に日に「本当にこの人と結婚して良いのだろうか」という気持ちが膨らんできてしまいました。

そして、Aさんは「こんなもやもやした気持ちを引きずるなら、いっそ真実を調べて貰おう」とBさんの素行調査を依頼することにしました。

コメントは受け付けていません。